インディ・ジョーンズ

c0009461_23142765.jpg望遠鏡ではありません。さて何でしょう?
インディ・ジョーンズさんが使っていたアレです。
さっきやってみましたけど使いこなすにはちょっとしたコツが必要なようです。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-28 23:21 | 手仕事

c0009461_16493435.jpg小立の伊藤さんちでお昼ごちそうになってきました。
「うちのめん」ってなんのことかと思っていたら、「家の畑で収穫した小麦で作った乾麺」のことでした。真っ白ではなくソバのような黒でもなく、まぎれもなく全粒粉パンの色でした。
歯ごたえもちもち、のどごしつるり、ごちそうさまでした。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-27 16:53 | ヤミヤミ

雪のコロッセオ

c0009461_020369.jpg米沢の「ローソクの夜」に行ってきました。おもしろかったですねえー!
スノーランタン作りハマってしまいました。もっと早くやってみたらよかったのになあ。
蜜ロウソク作りも思ったより熱くない、指を突っ込む気にはなれなかったけど。ロウソクというよりニンジンみたいなのができました。
のどのどライブも脱力具合がとてもいい感じ。料理もおいしかったです。ごちそうさまでした。

吹雪の帰り道もなかなか緊張感ありました。南陽を過ぎたら雪もやんで道路も乾いていましたが。

c0009461_0203858.jpg
そして、本日ほんもの「おしょうしな」を聞けました。優雅ですね。いままで通算3回目くらいかな。ちょっとうれしかった。

そしてそして、小国から来てくれた雨似さん、どうもです。いろいろ買っていただいて本当に感謝です。きちんとお礼をしようと思っていたのですが…。
今後とも茶飯美よろしくです。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-27 00:32 | ふむ

映画空間

映画空間という上映サークルをやっています。昨晩、次回上映するかもしれない作品の試写テープを見ました。
アメリカの刑務所で「終身刑受刑者」たちがカウンセリングを受けながら、周りの助けを受けながら自分の人生を取り戻し、やり直そうとする姿を、 ひとりの受刑者の仮出所のための聴聞会の様子を挟み込みながら描いています。
「人権について」とかそういう内容ではなくむしろ「魂の再生」とか「許し」とかいう精神的、宗教的事柄についての内容を含んでいる、と僕は読み取りました。
アメリカ西部の景色のごとくドライな映像で見やすく出来ていると思います。
c0009461_22291694.jpg
ちょうど2年前の2月にパレスチナとイスラエルの子供たちを描いた「プロミス」の上映会をしました。友人たちが集まって自分たちでチケットを印刷して各自チラシやポスターをもって宣伝してあるいて、結果、思いのほかたくさんの観客が集まってくれました。「ならばいっちょう、定期的にやってみようか!」ということになり、以後、映画空間として映画の上映会を続けています。
社会派ドキュメンタリーばかりではなく、やわらかーい上映会もやっています。
つづく。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-25 22:14 | 映画

農山漁村文化協会

すまぬ、遅くなってしまったけど、このブログのいっとう最初に書いた現代農業増刊「小さなむらの「希望」を旅する」が本屋さんで売ってます。¥900
「この小国(ミニジャパン)が再生すれば日本も再生する」というタイトルで小国町の雑穀作りのことなど10ページにわたって特集記事がのってます。ごらんあれ。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-24 22:26 | 日常茶飯美

ローソクの夜

こんどの土曜日26日の夕方、「ローソクの夜」がありますよ。場所は米沢市金池の苹果屋わきです。
チャリティ「みつろうそく作り」や、カリンバ、フルート、ピアニカの「のどのど」ライブなどなどあります。
”点灯式”は五時半ごろの予定です。雪野原にろうそくを灯そう!

そして、不肖ぼくのキャンドルランタン買ってくれた方、どうもです、感謝です。「ローソクの夜」お待ちしています。カードホルダーも持って行きます。

「ローソクの夜」はこの場所ですよ。夕方4時ころ始めます。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-24 21:55 | ふむ

RE DESIGN

c0009461_2093211.jpg無印良品のバーチ材の家具、ちょっといいです。とくにテーブルとイスがいいです。こういう簡素で細身のデザインが好きです。
仕上げがツルッとし過ぎなところが気になりますが、値段を考えればよく出来ていると思います。もうちょい手のひらにザラッと感じたほうがいいなあ。

今週ずっと机の脚について考えています。
そんなもの柱が4本あればいいじゃんか、と思いますよね、僕もそう思います。
けれど、このところ脚四本のかわりに左右に「ウマ」を1つずつ使うデザインがどうも気になってます。
「ウマ」とはたとえば御神輿を乗せる台、でわかりますか?1本の角材から馬の脚のように2本ずつ脚がのびている台のこと。
そのウマを2つ置いて、その上に天板をストンと載せたらかっこいいなあ、と思っています。なんかね、気になるんだよなあ。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-24 20:14 | 手仕事

最上川の大ウナギ

c0009461_22312510.jpg新潟、秋田県情報ありがとうございます。
カッコの右側って「カッコ閉じる」って読むもんね。
となるとやはり「最上川の大ウナギ」説が濃厚ですね。まてよ、もしかしたら紅花の種と一緒にエジプト由来説ということもあるかも?

月曜日は疲れます。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-21 22:36 | ふむ

楮(こうぞ)の灯り

c0009461_2134322.jpg午後「ODA、スマトラ大津波と日本の役割・NGOの活動」というすごいタイトルの集まりに行ってきました。役人てああいうかんじなんですか?
どうにも熱っぽいし指差されたらどうしようとビビって中座してしまいました。安達さんごめんなさい。

夕方は「有機農業研究会」だっけ?有機農家の伊藤さんと彼から野菜を買っている人たちの新年会?こちらは食事につられてさっきまでいました。ごちそうさまでした。
天然素材の家具や環境負荷の低い住宅のこととか、なかなかできない会話ができました。

どちらも濃い目の集まりでしたね。みなさん自分の興味ややりたいことがはっきりしているから話してとてもおもしろいです。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-20 21:38 | ふむ

まるいち・かっこいち

c0009461_20565225.jpg関東は「まるいち」「かっこいち」だよね。そうだそうなんだあ!

ロバート・B・パーカーの「ダブルプレー」読みました。
第二次大戦の帰還兵で用心棒のバークと黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの物語。1940年代のニューヨーク、ごろつき、ギャング、タフガイ、悪い女、いい女、気の利いたセリフ、まさに王道です。
そして少年時代の作者と思われる文章がフォントを変えて挟まれています。これが当時の野球や人種問題についての解説の役割もしています。星4つ。

ロンドン近郊の「ヤオハン」でうどんを食べていた時、TVからO・J・シンプソンの無罪判決のニュースが流れた途端、TVの音声が聞こえる範囲にいたうちの、アフリカ系の人々が歓声をあげていました。インド系の人たちも大きな声をあげてましたね。
東アジア系と白人は突然のできごとにみんな緊張してました。「いやそー」な顔して。
そのときまでイギリスって人種偏見みたいなことは表面的にはほとんどないような感じていたのに、インド系の人たちまでも喜んでいたのは驚きでした。
突如として現れた、肌の色の壁(いったい僕らは有色人種といわれているけど、あの場で日本中国韓国系人たちはみんな凍ってましたね)と、旅行者にはうかがい知ることが出来ない底意地の悪い何か(何だ?グレアム・グリーンの「ヒューマンファクター」みたいなことか?)がとても気持ち悪くて、うどん食ってからすぐに店を出ました。

ああ鼻水が止まらない。ぐすんぐすん
[PR]
by oswtknr | 2005-02-19 21:10 | 書店パトロール