<   2005年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ケロリン

そしてきょうはウシガエル。
「どうだよ、これ見てよ!おれもう絶対はなさないからね!」って顔した少年の手には白い腹を見せたウシガエルがギュウッとにぎられてました。一緒に来た母親に「これは図書館のカエルだから返さないとダメ!」「はやくはやく!」なんて理不尽なこと言われて池のほうに消えていきました。
トノサマガエルってすばしっこいけどウシガエルはわりとのんびりしてそうだからね。捕まえたときはうれしかっただろうなあ、しばらくあの感触忘れないよね。あの顔はそういう顔でした。
僕もカエルや蛇を見つけると捕まえずにはいられません。あのまさしく蛇革のツルッとした感触が好きなんだなあ。
写真とるの忘れちゃったよ。残念。
[PR]
by oswtknr | 2005-07-30 22:19 | ふむ

夏休みの友

c0009461_20441386.jpgくるまにおいたままだとねっちゅうしょうでとけちゃうからあずかってくれませんかってこんなでかいのはじめてみたよふつうのばいはありますからのちょっけいはごせんちいじょうあるなあすごいすごいこんやはこのままねったいやなんだろうかきのうのよるはすずしかったのになあじゃああいすのんまくらでねないといけないなあそうだほんとうはあしたはおやすみなんだけどにちようびにあっこちゃんとひろしくんのけっこんしきがあるからあしたははたらいてにちようびはやすむことにしたんだっけあしたはちゃんとおきなくちゃいけないなあそうだそうだあるじゃーのんはげんきかな
[PR]
by oswtknr | 2005-07-29 21:05 | ふむ

ひとつだけ

きのう晩飯食べながら、転がってたビデオテープをデッキに突っ込んだら「冒険者たち」がはいってました。ビンゴ!で今夜も続きを見ちゃったりしてます。

海だよ海、いいなあ。真っ青な海を帆船に乗って宝探しだよー。
潜水服を着たレティシアがゆっくり暗い海の底に沈んでいくところ、なんど見てもせつなくて美しい。「グレートブルー」のエンディングに匹敵するよなあ。

ほんとにわかってるのかあやしい映画論なんかどうでもいいんだおれには関係ないぜ。

海が見たいよー。
[PR]
by oswtknr | 2005-07-28 21:54 | 映画

surfer girl

入院中の友人を見舞いに病院へ行ってきた。自動扉を2回通るとあの病院の匂い。「悪いけどおれいますぐ帰りたい」っていったら「子供」って言われてしまった。もうそわそわしちゃって居づらくてさ、あの匂い、「ダースベイダーのテーマ」より怖い。

杉浦日向子さんが亡くなった。
「お江戸でござる」以前の、隠居前に書いていたマンガが大大大好きでした。
百日紅」や「百物語」、おそらくマンガは全部持ってます。「百日紅」は初期の美しい装丁の大きな版のを持っています。
時代劇マンガというと白戸三平の忍者ものやチャンバラものというイメージですが、杉浦マンガは江戸の日常を描いています。落語をマンガで読んでいるような、池波正太郎をマンガで読んでいるような、そんな感じかな。
マンガや小説でよく描かれるのは前近代、封建制度のなかでがんじがらめにしばられた人たちの苦しみの図、ですね。杉浦日向子のマンガの登場人物たちは毎日を楽しんで生きています。そう、「お江戸でござる」の世界観ですね。江戸時代って悪くないじゃんかって思ってしまいますよ。
そのなかで短編集「合葬」は幕末の戊辰戦争を舞台に、クールな杉浦マンガのなかでは珍しく熱い作品です。関東で生まれ育った僕にはよくわかるです。

てっきり豪華客船の旅を楽しんでるんだと思ってました。合掌
[PR]
by oswtknr | 2005-07-26 22:00 | ジョー

すいか男

c0009461_9314163.jpg上映会の後はお寺でそのまま打ち上げです。カレー、ほんものの熊鍋、みなさん持ち寄りのたくさんの料理と酒各種。午前2時までつきあって沈没。

朝、6時ころ目が覚めてしまったので、風呂のお湯を浴びて歯を磨いて着替えをして、図書館で借りた本を縁側に寝転がって読む。高山なおみさんの「帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。」。
ほかの人たちはグーグーピーピースースーおのおの寝息を立てています。少年はときどき起きあがっては「だって※※※※※だからー」などと寝ぼけてまた布団に倒れ込む。扉のむこうではセミが鳴いています。
この静寂。

ちょっと小洒落た料理本と思って読むと、痛い目に遭います。上質のエッセイです。エッセイだからパートごとの文章の量は少ない。けど読み応えあります。
濃いめにいれたコーヒーが飲みたくなって寺の台所を探したけど見つからずにまた本に戻る。そしてページの半分をすぎるころにはとても気に入っちゃいました。1話ごとがひとつの物語のように読めます。僕はこの人の言葉の選び方が好きです。高山さんの作る料理は絶対おいしいとおもう。
あーおなか空いた。コーヒー飲みたいな。
[PR]
by oswtknr | 2005-07-25 10:02 | 書店パトロール

夜空ノムコウ

c0009461_9295525.jpgヒグラシの声が降りしきるなか、上映会の準備は整いました。
夜空には満天の星たち、スクリーンのまわりにはホタル、イエローウッドさんの短編たちと「ナヌーク」にみなさん、どよめきながら笑いながら楽しんでくれました。

そう、ほんとに「星空上映会」になったんだもんね。天気がよくてほんとよかった。たくさんの人たちが手伝ってくれたし。お客で来てくれた人たちにも片付け手伝ってもらっちゃった。ほんとに感謝です。
子供たちの合宿、集落の結婚式、町の氏神様のお祭りなどなど、強敵がそろってたにもかかわらず、今年の上映会、顧客満足度的にはかなりポイント高いと思うんだなあ。
どうでしたか?
[PR]
by oswtknr | 2005-07-24 20:26 | 映画

小夏

c0009461_202810100.jpgブンブン堂へ行ったらジャンジャンジャン♪ジャジャジャーン!♪って「ダースベイダーのテーマ」がデカイ音で流れていました。エピソード3の後半を思い浮かべつつ、しんみりとしてしまったのはオレだけ?

明日は「星空上映会」。去年は前日の夜中、南ジャスコで発泡酒を大量に買い込んだりしたなあ、懐かしや。
今年もよろしくです。
[PR]
by oswtknr | 2005-07-22 21:12 | 映画

夏野菜男

c0009461_20363271.jpg見よ!このワラシベ長者的食生活を。
まずはトマトとそら豆ごちそうさまでした。滋養いっぱいだあ。うみゃい、やむやむ。
[PR]
by oswtknr | 2005-07-21 20:58 | ヤミヤミ

カルーアの秘密

c0009461_21324153.jpgこの頃、あっち方面の話が多い。そうそう、こっちじゃなくてあっちです。
見てくれって頼んだわけでもないのに前世見られちゃったことがあります。「マジですか?」って驚いたけどね。自称霊感強い人に「穢れている」って言われたこともあるです。うすうす感じてたんだけどね。
とかいう話をしてからこんどは「見えちゃう人」の話を聞いて「へー」って聞いてそのあと「腰が痛い人」とその治療法について聞いて「マジっすか」。
などということがあって今日、「河合隼雄の本読みますか?」って聞かれちゃってこれも共時性(シンクロニシティ)かな。河合隼雄さんは「何でもありでいいんじゃない」って言ってるもんね。

ブラザーベア」っていうディズニーアニメがあります。熊になってしまった兄と熊を追う弟の物語。これはインディアンの伝承が元ネタになってると思うな。ディズニーっぽくない、理詰めで作ってない先住民の神話そのものという感じがいいです。
そういえば「プーさん」と呼ばれた時期がありました。おれの前世熊かよ?
[PR]
by oswtknr | 2005-07-20 22:28 | 映画

苦い甘い。

市役所へ申請書だしに行ってきました。必要な書類が3通あってそれはどれも市役所1階で発行できるって書いてました。けどね、そのうちの身分証明書っていうのは本籍地の市町村でないと発行出来ないって1階のオッサンに言われて、しょうがねえなって2通プラス申請書持って上の階に持っていったら案の定「必要書類3通を添えて提出してください」だと。
「市役所1階で発行できるっていうから来たのであって、後で持ってくるからとりあえず書類受け取ってよ」って言っても「3通揃わないとダメ」だってさ。だったら身分証明書は本籍地の役所でないと発行出来ません、てただし書きいれたらいいのにコノヤロー!

上山のひとも山辺のひともダメです。ましてや県外のやつなんか絶対ダメ!もう何が何でもダメダメ!
郵便局と一緒に山形市役所もぜひ民営化しましょう。どうしたらいいんだ?小泉政権を応援したらいいのか?そうか、よしわかったぞ。

「アンタッチャブル」のエリオット・ネスのような怒りの男となって帰ってきたんだけど、ポットにお湯沸かしてスローのエクアドル・インタグ豆ガリゴリ挽いてドリップして沖縄黒糖のかたまりをドボンて落として飲んだらちょっとクールダウン。
深入りコーヒーに砂糖たっぷりは地中海式コーヒーですね、これうまいねえ。
[PR]
by oswtknr | 2005-07-19 21:04 | ヤミヤミ