<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お化けエレベーター

積み上げていた本を片付けていたら、本の間からセブンスターが出てきた。白地に小ちゃい星のデザインのやつ。ほとんど無意識に匂い嗅いで一本とりだして口に持っていきそうになっちゃって、もしライター持っていたら火をつけていただろうな。まだ体は覚えているんですね。あぶないあぶない。
止めるまでセブンスターかピースの、マイルドとかライトがつかないのを喫ってました。あれはほんとうまかったですね。それからゴロワーズ、ラッキーストライク、キャメル、クールかな。あとダンヒルもいいですね。
それにしてもよく止められたよなあ。へへへ
[PR]
by oswtknr | 2006-02-28 23:05 | ふむ

T2

1、ターミネーター2の悪役T1000の破片のフィギア。
2、auの新型携帯。
3、ナニカを泡立てるもの。
[PR]
by oswtknr | 2006-02-27 22:15 | ふむ

Turandot

c0009461_19221797.jpg機嫌がいいと大っきな声で歌いだす友だちがいました。ドイツ語やイタリア語の歌曲とか「アイアイ」とかトトロの「歩こう」とか。
アイススケート、女の子たちが転ぶたびにいたたまれなくなるというか、つい、がんばれよーって思っちゃいましたね。コケても立ち上がって踊り続けるそのガッツ、かっちょいい。
[PR]
by oswtknr | 2006-02-25 07:37 | ふむ

イソジン男

朝起きたらノドが痛くて手足の関節がギシギシいってる。前からその兆候はあったんだ、ノドがイガイガしてたんだけどやたらと忙しくてほっぽらかしてそのまま寝てしまったんだ。イソジンでうがいして立体マスクつけてなんとかごまかしてる。
こないだ、帰ってきてジーンズのポケットに手を入れたら鍵が入ってる。ナンダ?とおもったら職場の展示棚の鍵2つ。慌ただしくて元に戻すのを忘れてたんだ。
朝には出かけようとしたら鍵束が見つからない、どこを探してもない。まさかと思って玄関ドアを開けてみたら鍵穴にささってた。灯油缶を外に置いて扉を開けて他の荷物を入れ灯油を入れ鍵はそのまま、というあたりが真相かな。どこかへ忘れることはときどきあるけどね、鍵穴にさしたまま忘れちまうってのは初めてです。ふむむ
[PR]
by oswtknr | 2006-02-18 12:11 | ふむ

飛行機雲日和

今朝は飛行機雲日和。4本見つけた。これは北海道行きだと思う。乗りたい。c0009461_10442720.jpg
[PR]
by oswtknr | 2006-02-14 19:04 | 深夜特急

シブミ

映画「ミュンヘン」のラストシーン、ブルックリンからハドソン川をはさんでマンハッタンが見えている。正面には国連ビルやエンパイアステートビルがある。ということは左のほうにはあのビルが、って気になってしまったんだ。
あれでスピルバーグの描きたいことがわかった気がしました。憎しみの連鎖というかそういうことを。クリスマスだとかバレンタインだとかディズニーだとか恵方巻きだとかいう異教徒異文化の風習を簡単に受け入れてあたかも昔からあったもんね、って顔をしてしまう僕たちには理解するのはむつかしいことなんだろうなって再認識。映画見終わってからパレスチナのことを考えるっていうのもありだと思います。
映画としては、70年代のニュース画面のようなザラついた映像と背景がえらくリアルなのがよかったですね。よく集めたなっていうくらい古い車が出てくるし、街や建物の本物の質感や太いネクタイやラジオの音楽なにもかもが存在感をもっていて、食事のシーンなんかこれでもかっていうくらいの迫力なんだ。もちろん登場人物達もキャラがたっている。近ごろありがちなツルッとしたものはどこにも何もない。それぞれがしっかりしているから物語の重さに負けていないのです。というかこれでバランスがとれて安っぽいアクション映画にならずにすんでいるんだろうか。もちろんチープなアクション映画も大好きなんだけどね。
近ごろのエスピオナージ映画では「スパイゲーム」や「トータルフィアーズ」、「スパイバウンド」がよかったけどスピルバーグがつくるとこうなるんだなっていうところはあるですな。ベタ褒めしています。フルコース。
[PR]
by oswtknr | 2006-02-14 00:01 | 映画

ミュンヘン

 そのとき函館空港の2階ロビーの明かりは消えていた、と思う。薄暗かったんだ。そこには臨時の記者室があって道警の御前発表がちょくちょくあってロビーを離れられないから、ソファーにかけてぼんやりタバコを吸ってた。駐機場には照明を浴びてポツンとジャンボ機がとまってる。昼すぎに空港へ着いたときには着陸したときのままの姿勢で滑走路の南東側にいたのが、いつのまにか駐機場近くへ移動して機種を北西に向けて機体の右側が見えている。「ダイハード2」のようなことが起きたら、ジャンボ機との間にはロビーのガラス1枚しかないし、危ねーなって思いもしたけど、どうも実感がなかったんだ。1階に降りたとき、顔見知りのドクターがいて「どうしました?」って聞いたら「サリン持ってるかもしれないから」待機してるんだって言ってたし。サリンかよ、ガスマスクなんか持ってないぜ。ふむ
 ロビーにはいろんな種類の取材者や関係者たちがいるんだけど、空港では何もすることがないからただ待つだけ。で、1階からスーツを着た男達が10人くらい上がってきた。各自が緑色のビニールレザーの長方形の小さめのスーツケースのようなものを持ってる。みんな高倉健のような短い髪で目つきが鋭くてそして、殺気、としかあらわしようがない気を放射していた。そして2階のある部屋へ入っていって10分か20分後には全日空って背中に書かれた整備員のつなぎ服を身につけて出てきた。頭に浮かんだのは「ゴルゴ13」。そのロビーにはたくさんひとがいたはずだけど彼らを見ていたのはほかに誰もいなかったんだろうか。薄暗い階段を降りてゴルゴたちは空港ビルのどこかへ消えていったんだ。
 そのあとに道警のエライ警部だか警視だか本部長だかから「明日未明に動きがあるけど、誰にも言っちゃダメだよ、もちろんフラッシュも照明もなし、生中継もダメ。もしこのことが外にもれたらどうなるかわかってるよね」って釘を刺されてから空港ビルの東隣の建物と建物のあいだ、間口3メートルくらいのところへ取材者たちは押し込められたんだ。夜のニュースショーのキャスターやワイドショーのレポーター、週刊誌の腕章つけたカメラマンとかみんな。
 日の出前、いっせいに男達が飛行機の主脚をめがけて殺到してはしごをかけて上っていくのを見て、あの男達なんだなって思った。
 映画「ミュンヘン」を見ながら思い出してしまった。愛人へ渡す金が欲しくて風船とアイスピックでハイジャックした銀行員てのはあまりにも茶番だよな。
[PR]
by oswtknr | 2006-02-13 22:43 | 映画

塩豚さん

c0009461_10414273.jpg
[PR]
by oswtknr | 2006-02-12 19:24 | ふむ

また雪

なんでまた「ヒルズ」なんだ?なんとかメッセとかビッグなんとか、いいかげん、そういう田舎くさい名前の付け方勘弁してほしい。「愛羅舞憂」とレベルは一緒だな。
[PR]
by oswtknr | 2006-02-11 09:41 | ふむ

のび太

「ドラえもん」でのび太が「2月と6月は祝日がなくてつまらない」って言ってた気がするんだけど、建国記念日って2月だったっけ?それにしてもオリンピックの開催日、この祝日にあわせたわけじゃないよね、まさか。
[PR]
by oswtknr | 2006-02-10 08:01 | ふむ