<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

星になれたら

午後、出先で懐かしい友人に会った。勉強会仲間。東京へ行ったきりなんだと思っていたら、山形から毎週東京へ通っているらしい。その友人とガストへ行ったらこんどは映画監督の友人が打ち合わせ中。ふむ。ここのところ感情過多でそのコントロールに四苦八苦していたところへ、彼らとあってなんだかクールダウンです。感謝です。

ひょっとしたら僕が望むものはすべて、どんなに近づいても手を伸ばしても手に入れることができない夜空の星のようなものなんじゃないかってときどき思うことがあるです、困っちゃうよね。僕が欲しいものはほんとに小さくてささいなことなんだけど。ふむ
それでもきっと星に向かって歩いていくんだ。
こんな夜には野田さんかジャック・ヒギンズ読もう。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-31 21:58 | 深夜特急

赤い水栓

c0009461_10463887.jpgなごり雪っていうにはどうも本格的な雪です。
で、おっきな穴があいてしまいました、胸のあたり。ココロが揺さぶられてる、ぐろぐらと。まったくどうしちゃったんだろうね、理由はわかってるんだけど何をいまさらっていうか、ちょっと青春。やれやれです。わおーん!
ちょっと予想外に秋からのメンバー仲良くなったもんな。
さよならだけが人生です。みんな、がんばろうね。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-30 18:17 | 深夜特急

雷男

大雨と雷、春の嵐だろうか。これから気温下がるらしい。風が吹いてきた。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-29 00:55 | 深夜特急

春の匂い

きのうの午後、春の匂いがした。けどほんの一瞬のことですぐにどこかへやわらかく流れていってしまって、あれは何の匂いだったんだろう。ふむ、それが何かを認識する前にその香りが春の記憶に直接つながっちゃってるんだ。パブロフの犬だなあ。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-26 22:48 | ふむ

アドレナリン男

おとといからアドレナリンが出っぱなしなんだろうか。今朝も5時過ぎに目が覚めてしまった。いい加減疲れてきたです。
毎日なんだかんだとぬけているんだ。ふむ。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-24 21:19 | ふむ

坊やだからさ

c0009461_1816423.jpgガンダムエース今月号の「ガンダムTHE ORIGIN」はテレビ版のオープニングに描かれている「コロニー落とし」の話。
そのシーンにはたしか「人類はその行為に恐怖した」っていうナレーションがはいるんだけど、それがどう行われたかを描いている。
毎回「ほー」「ふむむ」ってひとりごちながら読むんだけど今回の話はまったく救いがない。たとえ虚構のSFだとわかっていてもきついな。ティーンエイジの男女が出てくるんだけど彼らは新しい登場人物かと思ったら2人とも死んじゃうんだよ。ポカンと立ち読みするには正直重いです。
ジェノサイドを正当化する理由なんて現実もフィクションもみんな同じ。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-23 21:31 | ガンダム

エクセル男

これからはじめるエクセルの本」。エルメスじゃなくてエクセル。
わかりやすいです。ときどき間違って開いたときにある「Σ」とかさ、なんだよこういうことなのかよってね、セル、関数、あと何だっけ?まあとにかくだいたいのところわかった、つもりになれます、なっていいのでしょうか、なっちゃいますよ。エクセルのセルはセルのセルのことなのか?セルロース?
[PR]
by oswtknr | 2006-03-22 23:54 | www

愛する勇気

クロード・ルルーシュの新しい映画は「愛する勇気」っていうんだって。ちょっとこっぱずかしいけどでもいいよね。ルルーシュさんだからね。

ジャスコにスーツを買いにいったら1万円ですよ。安いだろうと思ってはいたけどスーツが1万円てのはどうなんですか。それも安っぽいわけでもなくごくごく真っ当な作りなんだこれが。そして形状記憶ワイシャツは980円ですよ。TVコマーシャルのあの間の抜けたような音楽がずっと流れていて麻痺しちゃうんだろうか。買う側にとって安いのはいいけどそれにしてもどうも安すぎないか。児童労働製品だったらどうしよう、などと考えてしまいましたよ。
スーツって記憶によれば15年くらい前には5〜6万はしたような、気がする。いやもっとかな。あの頃すでに日本製じゃなかったんだろうかそれとも日本製だったのか。
いまも安いんだろうけど10年前、アメリカでは衣料品がとても安かった。バナナリパブリックやJクルーなんかみんなコスタリカ製とかドミニカ製とかそういう中南米製でね。あれと同じ構造なんだろうな。「シリアナ」が描いた世界もおんなじだよね。ジョーカーの押し付けあいっこというか、地球レベルのババ抜き。

ピース。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-21 00:41 | 映画

心ここにあらず男

このごろソワソワしちゃっていつか何かやらかすなと思っていたら、今朝やらかした。道路から歩道へ上がるのにナナメに突っ込んだら濡れていてツルッとすべってすっころんじゃった。でこういうときに限ってパソコンを持ってるんだよね。問題なかったけど。
立ち上がってみたら左の膝小僧、ジーンズはザックリ裂けちゃってその下の皮膚はズルムケの真っ赤っか。痛かった。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-19 20:35 | ふむ

シリアナ

前半は人物を遠くから写す映像が多くてどこかの国際何とか映画祭の出品作たちのようにも見える。
物語としてドカンと衝撃を受けるというよりも、この映画が取り上げて訴えようとしている問題について深く強く考えてくれよっていうことかな。がっちり作った何本かのドキュメンタリーをばらしてつなぎなおした、そういう感じ。「トラフィック」もそうでしたね。
圧力をかけられ脅され小突きまわされてそれでも意地をとおすジョージ・クルーニーがよかったですよ。
[PR]
by oswtknr | 2006-03-18 21:59 | 映画