<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

わら半紙男

 県立図書館の自習席のうち、パソコン席というのがあってそこは他に比べてたいてい空いている。こないだは中学生(に見えた)の野郎3人が並んで使っていて、その隣を使うことにした、ほかは塞がっていたから。
で、そいつらがずっと話していて止まらないんだな。横に並んだ3人で話そうとするから自然声はでかくなる。フザケンナコノヤロって思ったけどオレが注意することでもないだろうし勉強に集中したら静かになるだろって待ってた。だけんど猿たちは喋りつづけ職員はシカト。
だから「オイ、話がしたかったら他所へ行ってやれよ」って言ってやった。黙った。
ほんとは耳でもつかんで「うるせえんだバカ」ってゲンコツで一つ二つ撲ってやりたかったんだけどね、驚異の自制心が働いてやめた。
 本屋の平棚に並んだ本の上にオノレの荷物を置くバカにも腹が立つ。ほんとバットでそいつの膝をよこからかっ飛ばしてやりたくなる。やらないけど。
いつだったかコマツ書店のブルータスやペンなんかが置いてあるとこの平棚にドカンと鞄だかなにかを置いて平気で立ち読みしてる人物がいてチキショーと思って横顔見たら知り合いだった。とても嫌な気分だった。
 そして今日、あるところである人を見かけた。声をかけようと思ったんだけどその人だよなって人相風体を確かめているうちに自転車こいで行ってしまった。
彼女、この何か月前ちょいとしたことをやらかして、ある局地的な混乱とカタストロフをもたらすことになったんだ。その行為にたいしては、あまりに理不尽で一方的に叩かれていて、僕は似たようなことをしたことがあったから深く同情していた。誰かがやるべきことをやっただけだと思うんだ。彼女の足を引っ張るのは間違ってるし、責任取らなきゃいかんのはいままで放置していた奴らだろ、ってね思うんだよ。
雨やんだなあ。
foch.
[PR]
by oswtknr | 2007-06-29 22:15 | ふむ

三色眼鏡

「セクシーボイスアンドロボ」のTVドラマ、おもしろかったらしいな。見てないからわからんのだけど日々ごはんでもベタ褒めだもんね。
けど本屋では黒田硫黄のマンガはあんまり売れてないみたい。おもしろいのに。
そのセクシーボイスアンドロボの単行本が見つからない。どこだ?すでにブクオフか?ぜんぜんおぼえてないぞ。
前から探している本で業田良家の「自虐の詩」上下巻、こちらもどこにもない。夫婦の妻のほうの高校の頃の話とかさ、すごいんですよこんなのありかよーってさ。泣けるだよ。浅田次郎めじゃないだよ。号泣なんだよ。
泣ける小説、泣ける映画ってのはほとんど読まないし見ないんだけど泣けるマンガはなぜか好きなのだ。
森下裕美の「大阪ハムレット」。これもナミダ。
foch.
[PR]
by oswtknr | 2007-06-27 23:12 | ジョー

CHERRY HEERING

きのうサクランボをもらってそうか写真を撮らねばと思っているうちに全部食べてしまった。おいしかった。
何百キロも盗む悪いヤツら、いったいどうやって売っているんだろう。道ばたで売ったりするのか?
高橋留美子の「うる星やつら」の登場人物「錯乱坊」、あのチェリーと呼ばれていた小さい坊さんなんだけど。
どっかの定食屋で単行本読んでいるときにハタと気がついた。たしか宮前厨房。錯乱坊=さくらんぼう=サクランボ=チェリー、なのだということに。「うわっ!なんだそういうことだったのか!」って叫ぶところでしたね。
とんでもないおかしなキャラクターだから錯乱坊で、さらに人を煙に巻くためのチェリーなんだと勝手に解釈してた。少年サンデーでずっと読んでいたのに全然気がつかなかったんだ。もちろん山形の人たちはすぐわかっていたんだろうねきっとね。へへへ
オタキング岡田斗司夫氏、ずいぶん痩せたねえ。頬がこけてまるで別人ですな。
foch.
[PR]
by oswtknr | 2007-06-26 21:42 | ジョー

Fragile

c0009461_19581311.jpg僕らの学科はその春ギリギリに予算がついて新設されたところで、研究室もなくて担当教官もまだ決まってないっていうよくわからんところに13人集まったわけだ。あのムズガユイ居心地の悪さはよく覚えてる。

疲れちゃったんだよなきっと。
いまほんとにとんでもない世界になってしまったんだなあ。
[PR]
by oswtknr | 2007-06-25 19:58 | 深夜特急

Old Friends

c0009461_2344188.jpg朝、大学の同級生が亡くなったって連絡がきて、詳しいことは全然わからなくてただぼう然としたまま夜になってしまった。
彼女、札幌出身のクールな女の子だったんだよかつてはね。結婚して東京に住んでいるらしいとは聞いていたんだけれど、どうしちゃったんだ?何がおきたんだ?
[PR]
by oswtknr | 2007-06-24 23:04 | 深夜特急

port authority

 「ダイ・ハード4.0」、おもしろかった。ほかに言いようがない気がするなあ、ダイハードとしては文句つけどころないというかダイハードとしてよく作られている、というか。
 冒頭、むかしちょいと下宿していたニュージャージーのニューブロンズウィックが出てきて笑いましたね。登場人物たちがそこの地元のラトガーズ州立大の学生っていう設定で、ほんとにその街で撮影したかどうかは全然わからないんだけど。
近くには有名なプリンストンがあって、となりのNYには大学たくさんあるのにどうしてラトガーズなんだろう?国内ではまあまあ知られているけどコロンビアやプリンストンやMITほど話題にはならない、千葉大や埼玉大みたいな位置かな。とにかくしぶい選択ですね。
とまあしょっぱなから大ウケなのでした。
 今回のワルはコンピューターギークのサイバーテロ野郎で、ダイハードをいま作るとしたらこうなるんだろうなっていう納得。ほかのネタだと冗談にならなくなりそうだもんな。
ただ、ワルの親玉がちょっとクール過ぎて、もっとコンピュータオタクっぽいいかにもナードっていうタイプのほうがかえって怖さが増したんじゃないだろうか、「ミッションインポッシブル3」のフィリップ・シーモア・ホフマンのような。どうかな。
 ところであれなんだか?ざらついた画面って流行ってるんだか?「極大射程」も「ゾディアック」もそうだった。デジタル以前の昔のニュース映像っぽいザラつきがクール。
ちなみに「極大射程」は砂糖のネタのようなディティールがとてもよかったし「ゾディアック」はカタルシスがちと足らんことを除けばパーフェクトでした。
 3作目のマクレーン刑事の髪型は有り無しどっちだったっけ?どっちでもいいんだけどいまのはなかなかいいと思う。
[PR]
by oswtknr | 2007-06-23 23:50 | 映画

大江戸観光

 ひさしぶりにトキオへ。東京オペラシティっちゅうところで「藤森建築と路上観察 第10回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展帰国展」。
おもしろかった。ココロがふるえた。同好の士ともいうべき人たちがたくさんいることもわかってうれししかったなあ。
 竹と藁ひもを編んで作られたドームは手触りよし光の射し加減よしで居心地最高ですね。そのドームでは路上観察学会のビデオをしずかに上映していて、杉浦日向子さんのことをメンバーとして紹介されていたことにホロリ、でした。
銀座のエルメスでやっていた「メゾン四畳半」はもう終わっちゃってた。残念。
 東京駅のまわりも高層ビルだらけなんですね。あの感じだと大丸も建て替えるんでしょうね。
羽田のあたりからほぼ海辺リに高層ビルがドカドカ建っちゃってさ、そいつらがまるで壁のように働いて、東京埼玉の内陸の熱気が東京湾に逃げなくなるんだよね、うわあ。
この夏はまた記録が更新されるんだろうね。
 そのオペラシティの同じギャラリーでやっていた「収蔵品展 023 こことそこの間」というのがなかなかよくてですね、雨降りなのに新宿駅からてくてく歩いてきた甲斐があったなあって思いましたね。帰りは京王線乗ったんだけど。
ある、なんだか引っ掛かる一連の絵があって帰って確かめたらやっぱりこの新版本の装画地図挿画を描いた落田洋子という人だった。とてもよかったです。
[PR]
by oswtknr | 2007-06-22 22:37 | 深夜特急

月とスッポン

"モトハルレディオショー♪” わーい!ジングル同じじゃないっすか。
「僕のNYのアパートからお送りしています。」なんてさ、毎週月曜(たしかげつよう)夜のNHKFM「サウンドストリート」は佐野元春がDJで毎週ラジオにかぶりつきで聞いてんだ。いっとうクールな存在だった。このラジオを聞いてNYへ行った人は少なくないと思うぞ。
そうだこないだブックオフで何気なくのぞいたCDの棚で見つけてしまったのはMadeleine Peyrouxの「Careless Love」。うひゃあ!
ピーター・バラカン氏がラジオでかけていてそれがすんごくかっこよくて、それなのにぼんやり聞いているものだから名前やいつのオンエアだったかすらもアバウトで、だからアマゾンで視聴を繰り返してやっと探し当てたそのCD。Joss Stoneの「The Soul Sessions」も同じようにある土曜の朝、ピーター・バラカン氏おすすめだったんだ。Madeleine PeyrouxもJoss Stoneも本物です。シビレタヨ。
いい音楽聞くといい気分になるです。
foch.
[PR]
by oswtknr | 2007-06-20 00:12 |

mojo

オースティン・パワーズ・デラックス」、バカラックさん出てましたね。前に見たときには気がつかなかったのはおかしいなあ、忘れてしまっていたんだろうか。で一緒に歌っていたのはコステロさんじゃないですか。
♪ I"ll never fall in love again ♪だってさ。
コステロの眼鏡とモミアゲはいいなあ真似してみたいですねえ。
この映画、英語わかったらもっとおもしろいんだろうね。3作目「ゴールドメンバー」の日本の女の子の名前のジョーク、これは知ってた。以前、イギリス人の男がおんなじこと言ってたからね、ビール飲みながら。
世界中でお互いクスクス笑いあっているわけだ。へへへ
[PR]
by oswtknr | 2007-06-19 22:14 | 映画

かもか

Nのテレビ小説がきつすぎる。あんまりきつすぎて見なくなってそれでもあらすじをどっかでついつい読んでしまったりしてそうするとチラチラッて見ちゃったりしてさ。もうなんか地獄みたいじゃないかあれは。あんな悪意のいじめドラマがほんとにおもしろいのですか。僕には全然楽しくない。
芋たこなんきんは久しぶりにおもしろかったのになあ。残念。
[PR]
by oswtknr | 2007-06-18 22:55 | tube