<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

黒白

c0009461_18361584.jpg
猫山さんによれば、日本の総理大臣はハケンだったんだって。そーだったのか、どーりで次から次へと簡単に首が変わるわけだ。目からウロコだ。さすが猫山さんだ。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-27 18:36 | パチリ

尻穴

「ファックユー」の次は「アスホール」か。
そうか。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-24 20:12 | ふむ

刺青

c0009461_19532381.jpg
「ズロースいっちょう!」は通じるか?いちおう通じたことはあった、らしい。「掘った芋いじくんな」とどっちが通じるかはわからない。

イースタンプロミス」はすごいぞ。
「花より男子」も「セックスアンドザシティ」も「二十世紀少年」もかなわぬぞ。

あのロシア料理屋のお父っつぁんのダミ声はやっぱりマーロン・コルレオーネ・ブランドなのか?
マフィアの親分とその出来の悪い息子と主人公、よくあるパターンですね。「ロード・トゥ・パーディション」なんかそのまんまだし、その類型としては「ゴッドファーザー」のマイケルとフレドとか。「レオン」もね。
でもって後半、高倉健ばりに「死んでもらいます」って復讐しにいってそこには囚われのアンナがいて彼女をかばって相打ちになってそして男は女の腕の中で死んでいく、のだろうと思っていたら全然違った。
「レオン」や「ロード・トゥ・パーディション」はそういう終わり方だったしそれで至極真っ当におもしろい映画だった。
だけんどそーじゃないんだよね。おもしろかった。

そうだ、この映画は銃が出てこない。凶器はナイフのみ。
ナイフも怖いぞ。刃渡りが長いから危ないってのはオロカナ話なんだなっていうのを見ながら思った。チェチェンマフィアの使っていた曲がった皮剥ぎナイフなんか小さいけどすごいですね。「ねじまき鳥クロニクル」の皮剥ぎボリスを思い出しましたね。
素っ裸でいるところを、ナイフを持った殺し屋2人に襲われるっていうのは怖いな。そういえばゴルゴもなぜか白いブリーフ一丁のところを襲われてるな。

で、予告で流れた「闇の子供たち」がこの映画のテーマと重なってみえて、非常に重いのだ。
人間が人間を搾取するっていうのはさ、まったく腹が立つ。クジラがどうした温暖化がどうしたいう前にこれをなんとかしろ!と強く言いたい。「闇の子供たち」の原作を読んだ後、激しく怒ったんだオレは。彼らにとってはこの世に神も仏もないじゃないか。テレビも新聞もどーでもいいことを毎日大量に垂れ流しているのにこのことを取り上げないのはどうしてなのだ?「自分の子供であったら」、「自分の娘であったら」ということを考えることはないのか?
研修生だとかいってアジアの人を連れてきて安く働かせたり製造業や事務仕事なんかで日本人を搾取している企業も同じことをやっているのだぞ。みんな潰れてしまえとどうして怒らないのだ?
毒入りの米や食い物を食わされたせいで脳みそおかしくなって日本中ろぼとみー状態なのかもしかして。
という激しい怒りの感情をともなった映画であった。

ともかく、大都市ロンドンに病院はいっぱいあるはずなのに?という小さな疑問はあるけれど、凝ったつくりで1時間40分はエライ。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-23 22:33 | 映画

下天

少年カフカ的不思議なことがあった。よくわからん。
何か意味があるんだろか?それともただまあそういうことだと、それだけのことなのか。ふむ
これが夢の中の出来事なら何か意味付けできるのかもしれんけど、現実の世界に起きると困るな。いや困りはしないけれど驚いた。
白日夢?そうかこの世は夢の世界だったのか、どうもそうなんじゃないかと思っていたんだよね。
織田信長さんも言ってたもんね。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-22 21:41 | ふむ

小雨

c0009461_21465871.jpg
マンガ夜話をやっていたけど今回のはどうもいまひとつおもしろくなかった。3日やると1つくらいはいいのがあるんだけどね。
で、そのあとERの再放送をやっている。
ブロークバックマウンテンのジョーカーじゃなくてイニスの女友だちはERのシングルマザーの看護士と同じ人物みたいだ。だからどうだということもないんだけど、彼女の小学生の息子が放課後病院にやって来るのをみていて、どうもどっかでみたような気がするナンダコリャと思ったら、同じことをしていたんだよなオレも。
世界中で同じことをしてた子供がきっといるんだろうなって思ったら不思議な気分だった。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-20 22:18 | パチリ

蔓草

c0009461_18334224.jpg
ジミントーはアソー内閣顔見世興行かよ、公職選挙法に引っかからないのかあれは?
あのお坊ちゃま野郎はオタクを食い物にしているだけだぜ、村上隆と同じように。だってさ、ゴルゴが好きならオタクなのか?日本中の床屋定食屋はオタクの巣窟か?もうそういうのはやめましょう。
こんどの総選挙、ジミントーがまた勝ってしまようなら日本は滅びるな、サヨウナラだ。

前述のポッドキャストの「作詞家・小西康陽特集」はおもしろかった。
ピチカートファイブの「皆笑った」と「これは恋ではない」を引用しながらそのペシミスティックな詩について、絶望と虚無を表現しているんだって、なるほど。
そういわれりゃたしかにそーかも。
佐々木麻美子のボーカル大好き。アストラッドっぽいというか。
田島貴男の歌は聴いてるうちに血圧が下がっちゃいそうなくらいクール、オリジナルラブはめちゃくちゃ暑苦しいのに。
野宮真貴様の声を聴くとどうしてだか札幌、深夜、女の子、寒い、深酒、酔っ払うオレ、っていう連想が。「Sweet Soul Revue」とか「Baby Love Child」とかさ。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-15 18:55 | パチリ

播客

ポッドキャストのラジオがおもしろい。
力を入れているところとそーでもないところがあるんですね。J-waveとTBSラジオが双璧かな。東京FMも数はあるんだけどもうひとつ。ニッポン放送や文化放送はあまり重要視してないのかな。
いろいろあるなかでいまのところ「GROOVE LINE」と「ライムスター歌丸のウィークエンドシャッフル」がおもしろい。ちかごろのどのテレビよりおもしろいと思う。
GROOVE LINEは本放送はよく聞いていたけど、ポッドキャストだと曲がかからない分中身が詰まっている。近ごろのお気に入りは投書を読んだ後の「ヤッター!」、ヒーローズのマシ・オカのマネだと思うんだけどこれがなんかおもしろいんだよね。それから秀島史香は出たての頃すっごいクールだと思っていたらそーでもないんだっていうあたりもおもしろい。
ウィークエンドシャッフルはこれが会話の量が膨大なんですね、しゃべるしゃべる。それからしまおまほのとぼけ方というかシラの切り方がいいんだよね。
そーだ、TBSのタケダという記者がすごいんだ。こないだは「国会のクラスター爆弾」だとか言われていた。すごすぎてTVには出せないんだろか。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-14 12:39 | www

暗夜


ダークナイト」はすごかった。2時間以上だったけどあっという間だったぞ。これほど圧倒的なエネルギーを放つ映画はちょっと珍しいと思う。
ヒース・レジャーが壊れてオーバードーズしたのはジョーカー役にのめり込みすぎたせいだっていうのをポッドキャストで聞いたんだよね。
聞いたとおりにジョーカーがすごいんだよすさまじいんだよ。完璧に壊れてる。だって完全な悪だよ!アンソニー・ホプキンスのレクター博士よりすごいかもしれんぞ。
警察にしょっ引かれてボコボコにされてなお、ペロリって舌なめずりするところなんかまったくすさまじいです。

でもってヒース・レジャーのあまりのすさまじさに「ブロークバック・マウンテン」を見てみた。これもまた別なすごい映画ではあった。
音楽がよかった。それにちょっと白っぽい中西部の建物や景色もよかったです。
だけど、だけどなんだよね、ヒース・レジャーと結婚した奥さんが一番かわいそうだよね、て言ったらダメなのか?だってさ、なんだかあまりにも陳腐すぎないか、というのが正直なところ也。
メロドラマを求める気持ちがないと楽しめないんだろか。ふむ

さてさて、一緒に借りた「幸せのレシピ」はよかったぞ。
トゥーフェイスが出ていたことに驚きつつ、オリジナルの「マーサの幸せレシピ」とはけっこう違うんだよね、「マーサ〜」はちょっと寂しい終りかただったからね、ああいう終りかたも好きだけど、アメリカ的ハッピーエンドもまたよろしい。
飲食業の人ならああいう店をやりたいと思うだろうし、客からすればああいう店の常連になりたいと思うはず。うん、あの店はいい。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-13 23:42 | 映画

尤敏

c0009461_20282540.jpg
今はもう無くなっちゃったんだけど、実家の何軒か先のならびの三叉路の角にマルシンていうラーメン屋があった。そこのメニューで覚えているのはナルト支那竹ホーレンソーにチャーシューと海苔に刻みネギぱらりの醤油ラーメンだけなんだけど、みそラーメンとか塩ラーメンとかあったんだっけ、全然覚えてない。
で、昭和30年くらいのことだと思うんだけど、そのマルシンで柔道部の仲間とラーメンを食べたらしいんだな、オヤジが。
目の前に運ばれてきたラーメンを見た柔道部の仲間がひと言、
「おい、これがカツ丼か?」って言ってさ、大いにビックリしたらしい。冗談とかそういうことではなくて本当にラーメンもカツ丼も食べたことがなかったみたい、すごいですね。
金銭的にというわけじゃなくて、外で飯を食うことが田舎ではまだ珍しいことだったから、ということだったんだな。いい時代だったんだなあ。三丁目の夕日だよね。

今朝TVで「スイーツ」って言ってるのを聞いてムショーにイラついた。スイーツってなんなんだ?いつからスイーツになのだ?言ってて恥ずかしくないのか?
メディアが「時代の最先端はジミントー!」って言い出したらそーなっちゃうんだろうか、なっちゃうんだろうな、いやなるだろう、こまったもんだ。ジミントー、どうせなら来年の分ももう1人選んでおいたらいいのにね、総理大臣やれるかはともかく。
そーだ、ならばラーメンもヌードルにしないとダメじゃんか、めざましテレビに抗議しなくては!

「これがカツ丼か?」に一票。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-12 20:36 | パチリ

瓢箪

c0009461_20111925.jpg
何故こんなくびれたカタチになるのだ。
[PR]
by oswtknr | 2008-09-05 20:12