上映会です。

明日19日土曜日遊学館で「プライドinブルー」の上映会があります。
10時30分、13時30分、16時、19時の4回上映です。カンガルーのポケットすごい。
知的障害の若者たちのサッカーワールドカップ出場を追ったドキュメンタリーです。熱いです。
「ちりとてちん」を見たあとにぜひどうぞ。
[PR]
by oswtknr | 2008-01-18 20:53 | 映画

c0009461_22182127.jpgせっかくだから「12タンゴ ブエノスアイレスへの往復切符」というのを見てきた。
夜7時からのフォーラム5は満席状態。
しみじみとよかった。いい映画だ。ブルース・チャトウィンの引用もいいよ。
ことの発端は金融不安のあげくの預金閉鎖、すごいな、世の中ほんとになんでもありなんだ。
アルゼンチンで起きたことが日本で起きない保証はないよな。増え続けている赤字のことはクサいものにフタなのか?
家族を残してスペインへ出稼ぎに行く女性、パリを目指すタンゴダンサーの女の子、老後の蓄えをむしり取られて静かに暮らす元ダンサー。人びとの人生とタンゴが交錯しながら、激しく哀しく優しく描かれている。
パリに旅立った女の子が友人と重なって見えてしょうがなくてね。夢をつかむことができただろうか。
チャオ。
[PR]
by oswtknr | 2007-10-05 22:19 | 映画

雨ニモ負ケズ

c0009461_22384772.jpg星空上映会、無事終了。
小国の「おも白い森」の若い衆たちがよく動いてくれて、しかもみんなすこぶる気分のいい男女たちで、とてもやりやすかったですね。感謝。
終始、平和と友愛の上映会と打ち上げになりました。大物ぶりを誇示したい裸の王様が誰も来なかったからね。ひさしぶりに強い酒各種ウオトカ、ラム、テキーラ、ジン、日本酒、みんなうまがった。
カナカナカナ、ジージージー、虫がずっと鳴いていて、マイク置いてネット配信したくなるです。
夏休み、でした。
[PR]
by oswtknr | 2007-07-29 22:38 | 映画

星空上映会

道の辻に立てる看板。
c0009461_2115095.jpg
ここがいっとうわかりやすいかもシネマ忍者。グーグル地図
[PR]
by oswtknr | 2007-07-28 02:20 | 映画

星空上映会

c0009461_1838145.jpgことしもあるよ「星空上映会」。
[PR]
by oswtknr | 2007-07-03 18:42 | 映画

puujee

puujee」。駐車場の整理をやっている顔ぶれをみて上映会の人たちがわかってしまうんですね。ははは
プージェの映画、というかビデオ、関野吉晴さんんがグレートジャーニーの途中モンゴルで出会った女の子とその家族の物語。
最後どうなるか僕は知っていていたたまれなくなって途中で外に出てしまったんだけどね。どうにもかわいそうだよ。あの善良な人たちがどうしてあんな目に遭わなくちゃいかんのですか。
コマーシャルにおどらされて消費を続ける僕ら、あのバカボンたちとそのポチたちと選挙でかれらを勝たせてしまう僕ら、胸が痛いです。
まったくどうなっちゃうんだろうね。
[PR]
by oswtknr | 2006-11-23 21:33 | 映画

星空上映会でした。

c0009461_11135478.jpg出羽保育園で星空上映会。
「飛べないホタル」と「じごくのそうべい」、16mm。
学童保育の子供たちと親たち、何人?50以上いたとおもうな。
地獄の鬼がプーってオナラするたびにみんな大爆笑。
月夜で星も見えたし、田んぼのカエルも鳴いてたし、よしよし。
夏休みです。
[PR]
by oswtknr | 2006-08-02 23:19 | 映画

ドキリの巻

c0009461_20191721.jpg友だちは「バッファロー'66」を観たそのときの感情や真冬の情景をよく覚えてるっていってた。映画とその時の記憶がいつもセットになって思い出すんだって。

印象に残る映画をみたときってそのときの映画以外のこともよく覚えてる。
逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズがあまりにもかっこよくて映画館を出てから同じ黒いスエード靴を探しに秋の街を歩きました。「キッズリターン」があまりにも心にぐさぐさ刺さりまくって帰り道ささいなことからケンカしてひとり歩いて帰ったことがあったよそういえば。そうだ、中学生の頃「転校生」をみて思春期真っ最中の僕らにはど真ん中だったんだろうな、呆けたように帰ったことを覚えてる。高架下の京成ウエストだ、懐かしい。
それから、となりの女の子のことが気になっちゃって映画どころじゃなかった、などということもときどきあったかも。ちらっと横を見たそのとき映画の明かりで横顔が見えてドキリ、とかね。もう映画どころじゃないもんね。青春ですね。「あの映画よかったよね」っていったら、「それ私知らない」ってまた別のドキリで気まずくなったり、ということもあるな。

星空上映会です。このチラシは日常茶飯美のマスター・オビワン・ケノービです。
僕の中の個人的妄想的自己満足的な情景をほぼそのもののようにあらわしていてそれがとてもうれしいのですよ。ドキリです。
今年は茶飯美屋台が出張なんだって。カクテル飲みながら映画もいいぞー。
写真をクリック。
[PR]
by oswtknr | 2006-07-16 21:52 | 映画

夏の匂いがしました。

黒木監督亡くなっちゃったんですね。去年の「父と暮らせば」上映会のとき、監督本人が来るっていうから気難しそうなおっさんを想像していたんだけど、実物はいたって好々爺的大人で直接話はしなかったけどなんだかああ良かったって思ったり、などということがありました。僕は「美しい夏キリシマ」好きです。
合掌。
[PR]
by oswtknr | 2006-04-14 21:49 | 映画

映画の神様

今日は「パレルモの聖女」というのを15時半から観ました。シシリーのパレルモ、キリストよりもマリアよりも、ペストから町を守った聖ロザリアさんが大切にされてる話。合理性を旨とするアングロサクソンのヨーロッパとは正反対。濃いです。地中海だよなあ。
そしてきょう思ったのはこんど上映会やるときがあったら、あたまに「国際」おわりに「祭」ってつけようかなってこと。たとえば「国際星空上映会祭り」、または「国際あしがらさんの映画祭」、とかね。へへへ。
そしてそして書き込みへの返事。
もちろん、まともな人がいることは知っているし、ムカつくことがないようになるべく近づかないようにしていたんだけど、それはそれでなかなかむつかしいのですよ。
んーとね、映画祭が始まる前から連絡取れなくて行方知らずのひともいるんだよ。巻き込まれないため。もーさ、無給で1週間も2週間もやってらんないよって。
でもね、映画の神様はどっかで見てると思うんだ。どうかな。
[PR]
by oswtknr | 2005-10-11 22:04 | 映画