タグ:村上春樹 ( 26 ) タグの人気記事

ノル森

火曜日、映画「ノル森」見てしまった、参った。

映画を見たことを見なかったことに、映画化そのものをデマかなにか夢だったことにして、みんな忘れてしまおうと思っていたんだけど、どうにもこうにもムカついてしょうがなくて本当に困る。

原作に忠実であろうとしているのかそれともアタマを使わんかったのか、台詞がそのまんまでしかも棒読み。原作が口語文だからってさ、そりゃないだろう。日本語ちゃんとわかる脚本監督つけろ。
で、やたら原作そのままの台詞なのに肝心なところがオカシイ。
ラスト、ワタナベとレイコさんが事に至る前の会話が全然チガウ。あれではレイコさんただの淫乱なおばさんだよ。

そして直子。
あれは全然直子じゃない。
直子という同じ名前の違う直子だ。
おのれの自己顕示のために役を分捕ってもその役を務めることが出来なかったらみんなが困るんだよな。
あの舌足らずな話し方はいったいどういうことなのだ!オレ書きながら無性に腹が立ってきたぞ。
彼女はきっと原作読んでない。もし読んでいてもただ字を読んだだけ。
ノル森を辱めている、冒涜している。

あとはね、突撃隊が一瞬しか出ない。ノー・突撃隊、ノー・ノル森だよ。
それから猫も出てこないんだよ。ノー・キャット、ノー・ムラカミじゃないですか。
やれやれだよ。
ワタナベ「もちろん」言い過ぎなんだよ。

ただ、ただですね、ハツミさんだけ、彼女だけはよかった、イメージそのものです。
[PR]
by oswtknr | 2010-12-18 23:57 | 映画

壁と卵

c0009461_8345539.jpg
週末「桜咲きそー」なくらい暖かくて「世界は終わっちゃうのかなー」なんて言ってたら冬将軍が強引に戻ってきた。
ドナイナットンネン
村上春樹のエルサレムの受賞スピーチはよかったですね。シビレタ
酔っぱらいの大臣にがっかりしてたからさ、なおさらカッコよかったんだよな。
「動くハルキ」をあんなに長く見たことなかったし。
TVはさ、ダメダメな政治家ばっかり映さないでこのムラカミの映像をもっと流せよなあ。
「明けない夜はない」と思いたい。
ところで、新刊はいつ?
[PR]
by oswtknr | 2009-02-17 09:04 | 羊男

ノル森

c0009461_21434352.jpgノル森が映画化だってさ。
トライ・アン・ユンなら期待できるかもしれない。
突撃隊は誰がやるんだろう?
直子は?
[PR]
by oswtknr | 2008-07-31 21:43 | 羊男

壁掛けココア

c0009461_1946114.jpgc0009461_1947375.jpg
ほんとに困る。ときどきアマゾンでチェックしているんだけどなあ。一度に2冊も発売されちゃってもなあ。
パトロール中に早期発見できただけでもよしとしようか。

八文字屋に行く前に郵便局へ行ってさらにその前によったところで以前知っていた誰かを見かけたような、気がする。ふむ

村上さん、パーカーの本についてホームページで「発売されたら必ず読む」し「日大卒の秘書に朗読してもらいたい」って書いていたもんね。どっちも実行していたらおもしろいのにな。
こないだのワークショップでもでてきたセックスワーカーという言葉、そうなんだ、プロスティチュートはインコレクトでいまではセックスワーカーがポリティカリィコレクトな表現わけだ。しょっぱなから勉強になるです。

結局最後まで読んでしまった。
んー、これはセックスビジネスに対する作家の考えの表明ということなんだろう。ジェッシイ・ストーンシリーズの「秘められた貌」にもそれは書いてある。僕も賛成です。

眠くなった。

起きた。

学校卒業してはじめて就職した職場の上司がとんでもない酒飲みで、逃げ足悪くて捕まると延々飲まされることになった。居酒屋でうまい料理食べながらというならまだいいんだけど2軒目がたいてい女の人のいる店になる。
これが正直きつかった。酒は自分のペースで飲みたいし煙草の火も自分でつけたい、会話あんまりおもしろくない、わざわざ金払ってそういう店に行くことが今でも理解できない。
煙モーモーの居酒屋で楽しく飲むとか、真っ暗いバーでヒソヒソ飲むとかさ、そういうのがいいな。

で、この「ドリームガール」は「儀式」、「海馬を馴らす」で描いてきたことへの一つの答えなんだろう。
かわいそうなエイプリル・カイル。
[PR]
by oswtknr | 2007-12-08 22:04 | 書店パトロール

don't stop

c0009461_2342290.jpgアマゾンでは15日発売ってあったから油断していた。もうあったよ「走ることについて語るときに僕の語ること」。
八文字屋の新刊本の平棚最前列、真理子と淳一にはさまれてた。両側のほうが低くなっているんだよ信じられないよ。かれらの文章から何かしら読み取ることのできるものがあるのかよ。なんてね、どうでもいいや。
読んだらハワイのことが頭から離れなくなった。困った。
学生の頃、村上春樹の小説を読んで無性にビール飲みたくなったりスパゲティ食べたくなったり、したくなったり、したよね。
iTunesでNJのネットラジオWBGO聞いているんだけど濃いめの女声のボーカル曲が続いてる。いいねえ、いい選曲だ。
[PR]
by oswtknr | 2007-10-14 00:03 | 書店パトロール

a wild sheep chase

c0009461_21235986.jpg
[PR]
by oswtknr | 2007-10-01 21:29 | 書店パトロール

海辺的卡夫卡

中国語の本も結構あって、簡体字っていうのが多くて読めそうで読めない。
この本のほとんどのフォントが一昔前っぽいのがちょっと不思議な感じなのですね。
母親の実家の昔の古い家の叔父叔母たちの本棚の背表紙をながめたときのような錯覚を起こした。
c0009461_18142960.jpg
[PR]
by oswtknr | 2007-09-30 19:19 | 書店パトロール

sputniksweetheart

この表紙いいよね。
国際交流協会の書棚。
中文のカフカもありました。ポール・オースターの本はちょっとかっこよかった。
スタインベック、ジョン・ル・カレ、カズオ・イシグロ、ジョン・アービング、ラッセル・バンクスもあるぞ、けっこうそろってる。けどロバート・B・パーカーが一冊もないのはどうして?c0009461_20373190.jpg
[PR]
by oswtknr | 2007-09-29 20:40 | 書店パトロール

yellowsubmarine

春樹さんの新刊でるらしい。
おあずけをくらったポチの気分。
わんわん!
c0009461_20481214.jpg
[PR]
by oswtknr | 2007-09-19 20:35 | パチリ

書店パトロールふたたび

c0009461_20374388.jpg全集版「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」。美術館の公園向かいの香澄堂で発見!ずーっと探していた一冊なのですよ。なんだかふらふらと引っ張られるように行ったんだよね。そしたら見つけちゃったんだ。
じつは前にもこの店で同じ「世界の終わり〜」の85年6月発売の箱入り初版本を手に入れてるんだよね。別にマニアじゃないんだけどどうしてなんだ?ふむ、やみくろとファクトリーがなにか企んでいるんだろうか、なんてね。
「ノル森」はブックオフに行けば赤と緑のがたくさん売っているんだけど、「世界の終わり〜」はほとんど出回ってないんだよね、ていうのが一応言い訳。
[PR]
by oswtknr | 2007-08-25 20:55 | 書店パトロール