雪だるま男

今日は5人で米沢へ行ってきました。自然食品の店「苹果(りんご)屋」と野菜料理の「やさいと10時半」。

苹果屋に間借りしている「きなりブロート」の天然酵母パンは大大大おすすめです。手に持つとずっしりと重みがあって、もちもちもぐもぐぱくぱくとても食べがいありますよ。かむほどに滋養を身体に取り入れている、そんな気がしてくるです。
パン職人のミホちゃんイチオシの食べ方はスライスしてから水に濡らして焼きます、すると焼きたてと同じ味で食べられるのですよ。僕は「日々のパン」と「フルーツパン」がとくに好きです。
c0009461_18165148.jpg
そしてやさいと10時半、これは店名です。とにかく出てくる料理みんな野菜料理なんです、ほんとに。以前、札幌から来た友人を連れて行ったことがあって、珍しさとおいしさに「すごーい」を連発しておりました。店の中に置かれている南アジアの小物たちもいい味出してます。きょうのコスタリカ産無農薬コーヒーもおいしかったです。

えーそれから「苹果屋」と「やさいと10時半」に縄文建築クラブ製キャンドルランタン置いてもらいました。わーい!どうもです、こちらもよろしくです。
ちなみに「苹果」は宮沢賢治の本にリンゴの旧字として使われています。
それにしても米沢って山形より車で1時間も南にあるのにどうしてあんなに雪が多いのかな?
[PR]
by oswtknr | 2004-12-25 22:18 | ヤミヤミ