三和土

c0009461_19344117.jpgc0009461_20304228.jpg壁塗りです。
高知のタナクリーム20キロ入りです。「優しい時間」っぽくということで顔料はイタリア産の黄土。
鏝(こて)はいわゆるふつうの五角形の鉄製と仕上げ用のアクリル製長方形の2種類用意しました。塗ってわかったのは、鉄の鏝は平らに塗るのはむつかしいけれど、なんだか味のある壁になります。仕上げ用の鏝は素人でもけっこう平らに塗れちゃうんですね、仕上げ用だからね。

まずはコンセントなどの電気器具を壁からはずします。そしてクロスをすべてはがして養生します。壁の穴や壁紙がビリビリいっちゃっているところはバンソーコー貼ってパテで平らにならします。
こうしてやっと漆喰塗りなんですが、壁1枚塗って本日修了。クロスをはがしてから養生するまでがけっこう手間取るんです。

お客さんには壁紙をはがすところから手伝ってもらって、どうかなと思っていたら壁塗り楽しかったみたいでよかったです。明日もちゃんと来てください。
[PR]
by oswtknr | 2005-05-04 21:17 | 手仕事