トニー滝谷

c0009461_925592.jpg凹んだりムカついてる誰かには「浮かぶ瀬もあり」なんていってるくせに、自分がイラつくとどうしようもなくて酒飲んで酔っぱらうくらいしかできないんだ、ちぇっ。

蔵書点検終って本日開館。返却本のツナミがドドドーンと何度も襲ってきました。机に座って仕事できてる人いなかった。
村上春樹大好きの同僚がいて、安西水丸、岡崎京子、河瀬直美あたりもかぶるんだなあ。好むジャンルが近い人と話すととても楽しい。「あの本のあそこがいいんだよねえ」とかさ。村上春樹ファンに会ったのは僕が人生3人目だそうです。あれほどたくさん本が売れているのになあ、まったくね。
で夕方八文字屋でわが同志絶賛の本を発見。
「帯のコピーがグッとくる」って言ってたんだけどたしかにいいね。グッとくるね。装丁もよろしい。半分読んだけど中身もいいです。小説らしい小説。タイトルは、ええとね、まあいいか。
[PR]
by oswtknr | 2005-06-04 00:27 | 羊男