星空

c0009461_8555287.jpg建築家の宮脇檀さんは「何度も話して聞いて説明して納得したはずのことが次に会ったときには「やっぱり辞めた」ってひと言でひっくり返されることがときどきあるけどそういうのはほんとに参る」って本に書いてました。
一見、芸術家のように何でも思いどおりに作れると思いきや、顧客の要望や予算にかなり縛られるんですね。意に添わないことはしたくないからってドロップアウトしたはずなんだけどね。
「タイガー&ドラゴン」いまのところ今世紀最高峰じゃないですか。こないだなんかほんの数十秒くらいのシーンにわざわざ本物のアニメの吹き替え俳優(グーグーガンモとめぞん一刻の管理人さん!)を使ってました。細かいところまでつくり込んでます。宮藤官九郎スゲー!毎週あんなの書き続けるなんて普通じゃない。テレビのフレームから伝わってくる迫力は尋常じゃないです。
記憶にある限り最強テレビドラマって「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」です。みんな久世光彦ドラマ。
たしか「ムー一族」は生放送やって、番組の途中で登場人物たちが巨人戦の結果を話したりエンディングでは全員集合してハガキ読んだりなんてしてました。よくもまあオンタイムでドラマやったもんだと思います。つくり込んでないと出来ないです。収録して編集するよりは簡単だけどね。郷ひろみと樹木希林が「りんご殺人事件」歌ってたのもこのドラマのなかでした。
とにかく迫力あって子供ながらにスゲエオモシレー!って思ってました。
どうせ作るならこれくらいすごいやつを作りたいですね。へへへ
[PR]
by oswtknr | 2005-06-07 23:17 | ふむ