はじまりのはじまり

2003年の初秋、おととし9月の最後の日曜日の夜に、小国町の友人から電話がありました。「喫茶店作ろうと思うんだけどやる?」たしかこんな内容でした。そして僕は二つ返事で「やるやる」。

その頃、「廃材王国」「タンポポハウスのできるまで」という本とテレビの「北の国から2002遺言」と「遠藤ケイさんが新潟の古民家に暮らす話」がとても気になっていました。
2冊の本は建築にたいする既成概念を山の向こうへ蹴飛ばしてカラカラと笑っているような内容で、「えーっ!こんなことしていいのかよー!おれもやりてー!」ってね。
そして「北の国から」では廃材の家を作ってしまうということと、その家を造るときときの「結(ゆい、ゆう)」という風習・習慣が「オッ?!」って心にひっかかっていたのでした。遠藤ケイさんは古民家を改装するのに近所の人や友人知人を巻き込んでとても楽しそうだったのですよ。

c0009461_18295274.jpgだからその晩に誘いの電話をもらってから、実際の現場を見ることになる次の週末までに、僕の中では「廃材王国」と「タンポポハウス」と「北の国から」をやっちゃおう、って心に決めていたのでした。
それでほんとにやっちゃったんだよね。
いま茶飯美を切り盛りしている新野夫妻、週末に参加する僕と違って彼らは毎日改装と開店の準備にとりかかって大変だったんだよなあ、その新野くんたちと友人たちとかつて額装店だった建物を見に行ったわけだ。
そして以降3ヶ月にわたって友人知人近所の人たち遠くの人たち老若男女を巻き込んでの「茶飯美」制作が始まったのであります。

つづく
[PR]
by oswtknr | 2005-01-23 09:30 | 茶飯美劇場