marathon man

南ジャスコのなかにある歯科に通っています。メイプル歯科。等身大のドラえもんがいます。おそらく山形で唯一、夜8時まで日曜日もやっています。とても便利。

そこでは診療椅子に座って「待ち」の時間、雑誌を持ってきてくれます。それがスポーツ新聞や車雑誌ばっかりで、全然おもしろくない。なら「文藝春秋」でもドカンと渡してくれたほうがうれしいんだけど。

マラソンマン」でナチの残党に捕まったダスティン・ホフマンが椅子に縛りつけられ麻酔なしで健康な歯をガリガリやられちゃう拷問シーン、鳥肌が立ちます。指先も神経が集まっているからケガすると痛みが激しいですが、歯の痛みはその何倍?

歯科の椅子に座るときはなるべく思い出さないようにしているんだけど、きょうは完璧にフラッシュバックしてしまいました。
現代の治療ではほとんど痛みを感じることはないはずなのに、完璧にトラウマです。
[PR]
by oswtknr | 2005-02-15 22:15 | 映画